もののけの森、屋久島

Twitter「つぶやく」ボタン

 June 2010
縄文杉・・・ 

実物見ると、、、圧倒されるねェ 

切り株に、他の木の根っこがまとわりついて寄生していたり、、、 

至る所に生えたコケ・・・・ 

生命の息吹を感じました。 
【屋久島に到着!】
やっとこさー屋久島に到着!
+【宿】
今回の宿泊地は「民宿あさか
なんと2000円で送迎もしてくれるという良心的な宿! 
日本にこんな激安宿が!
車に乗り込み民宿まで行くまでに、「屋久島観光センター」でレインウェアのレンタル(2000円)をして宿に・・・
+【買い出し】
到着後、翌日の登山に備えて食糧の買い出し!
徒歩圏内に「わいわいらんど」というスーパーがある。
食品から日用雑貨まで揃い、なかなか使える。
首折れサバ」は地元の人たちにも人気らしい。*買ってその日のうちに食すべし。
【登山1日目:03June】
今回は宮之浦から安房に向かうルートを歩く
こちらのルートを利用する場合、バスの出発時間が 7:48 という少し遅めの出発が出来る。
バスは白谷雲水峡に向けて走りだす。
どんどん山道を登り標高が高くなると、左手に海が見えてくる。道脇にはシダが生い茂り、ジュラシックパークを連想させる。
 ↓
【白谷雲水峡】
白谷雲水峡で
・登山届け
・入場料(300円)?
を支払いいざ!出発
歩き始めるともうそこにはコケ コケ コケ ・・・・
コケ好きにはたまらない世界
 ↓
【太鼓岩】
 ↓
【トロッコ道】
結構長く感じられる。。。
 ↓
【ウィルソン株】
トロッコ道から山道に入った後、ウィルソン株からはちょっと坂・・・
登り、、、 登り、、、、
 ↓
【屋久島に御対面】
縄文杉に御対面・・・
予想していた以上に、感動する。
霧がかっているのがこれまた良い味を出している。
パワーが体から湧いてくる―!
 ↓
別れを惜しんで、新高塚小屋へ・・・・
若干疲れも感じてはいるものの、シャクナゲの花が癒してくれる。
 ↓
【新高塚小屋到着】
小屋に到着して、山の定番 カレーを作る!
匂いに誘われ、太った鹿がやってきたww
小屋の収容人数は60人みたいだが、小屋は満杯。。。
登山客の少ない6月でこの状態だと、ピーク時を創造すると怖くなる。
【登山 2日目】
2日目の天候も曇り・・・雨にならなくてラッキー
宮之浦岳を目指す。
1日目とは、景色が全然違う。
岩がむき出しになっていたり。背の低い木が映えている。
大きな石がところどころに点在しているのが不思議だァ・・・・
 ↓
【宮之浦岳の頂上】
宮之浦岳の頂上からはが見える。
山の上から海が見えるってちょっと不思議な感じ。。
遠くには島も見える。
 ↓
下って、下って
 ↓
【花之江河】
 ↓
淀川小屋がだんだん近くなり。。。
川の流れが聞こえてくる、、、 川の流れる音を聞くと癒しもあるけど、安心出来る やばい!
 ↓
【淀川小屋】
淀川小屋のそばの川、、 透明度が高いなァ 
 ↓
【淀川登山口】
淀川登山口まで降りる

より大きな地図で Travel 屋久島 を表示
【おすすめ資料】
+【環境】
屋久島の混雑情報
+【交通】
バスの時刻表/各エリアのMAP
レンタカー・タクシーの料金表
+【お店】
島のお店の下調べ
写真が掲載されていて、雰囲気がつかみやすい
+【登山】
登山のタイムテーブル (Koji UdagawaさんのBlogより)
山小屋の情報
+【アクティビティー】
島の一周ドライビングする時には・・・
屋久島裏観光地図(PDF)
【参考書籍】
癒しの森 田口ランディ
日本の国立公園 加藤則芳 

Hey Visitor!